<< 2015年09月02日のつぶやき | main | 2015年09月03日のつぶやき >>
2015.09.03 Thursday

夏休み映画総括

0
    久しぶりにブログの更新です。
    夏前から夏休み終わるぐらいまでに見た映画の個人的な感想です。
    自分用のメモなので別に評論ではございません。点数低いものも基本観れて良かったと思っております。
    映→映画館鑑賞 DVD→自宅鑑賞 試写→試写会鑑賞

    海街diary 映
    82点
    まず題名がいい。予告で大体の内容はわかるけどお話云々言う前にこの美女四人のそれぞれの綺麗さをこれでもかと言うほどしっかり見せてくれる。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずみんな個性が違っていてどれも好きになる。是枝監督独特の自然なセリフ回しよりやや台詞をちゃんと言う感じだった。

    ビリギャル 映
    67点
    有村架純の顔アップ映画として観に行ったが想像通りだった。受験映画はその国の教育、家庭が見えてくる。ただ映画を観た後勉強しないとアホになっていくという当たり前の事に気付いて日頃の漢字なんか書けなくてもとか、英語なんて雰囲気でとかいうのが良くないと思うようになった。ビリキャルに映画の中で追い抜かれる自分がそこにいたからだ。

    イコライザー DVD
    82点
    気持ちよかった。近所のおっさんが実はめちゃくちゃ強かったってだけの話かと思いきやどんどん話が大きくなっていってびっくり。90分くらいのサクサク映画かと思ったら後から後から敵が出てきて長編だった。映画館で見たらもっとスッキリするかも。

    マッドマックス〜怒りのデスロード〜 映
    77点
    IMAXシアターで観て凄かった。常に車が走っていて爆発があって人が死んで爆音が流れている。小さな爆発だと寝てしまうほどオンパレードだった。車や人種のギミックがいちいち凝っていて飽きさせないようにはなっていた。これを狂信的に大絶賛する気持ちは分からないが何か人間の中にあるものをいじくられる感じはする。当てられたのか観た後風邪ひいた。

    二回目
    やっぱり気になってパンフ読んでもう一回見に行った。2Dで。ストーリーがもっと入ってきてそれぞれの立場に感情が入りやすかった。イモータンジョーの悲しさとか。

    なんちゃって家族 DVD
    80点
    いいコメディ。ちゃんと家族になるのにそれぞれの理由がちゃんとあって良かった。

    記憶探偵と鍵のかかった少女 DVD
    69点
    探偵と少女のキャストもバッチリ、好きな設定だけどもっと何かあるかと。

    インザーザヒーロー DVD
    66点
    唐沢寿明頑張った。福士蒼汰良かった。だけど最後のアクションにカタルシス感じられなかった。

    攻殻機動隊 映
    75点
    ヒロイン、アンドロイドなのに魅力的で惹かれた!戦闘シーンの独自の理屈とスピードも。

    バケモノの子 映
    89点
    細田守映画を見るとちゃんと大人にも夏休みが来る。2時間だけだけどすぐに仕事に戻らなくちゃいけないけどちゃんと来る。声優もバッチリ。冒頭、大泉洋とリリーフランキーの掛け合い朗読劇としてもとてもいい。主人公が強くなったり勉強したりするのを見てまたソワソワした 。ビリギャルの時も置いていかれる感じがして、私は勉強をしたいようだ。

    ヴィンセントが教えてくれた事 試写
    89点
    よくある頑固爺さんの心を少年が溶かす系かなーと思ったらじじいビルマーレイがひどくて良かった。汚くて、飲んだくれで本当にちょっと関わりたくない感じで最高だった。子役の顔、表情こちらも凄くいい。

    まほろ駅前協奏曲 映
    46点
    テンポが悪すぎるのと伝えたい内容がないのと子供の使い方、ドタバタ劇がのろくてドタバタとさえしてなかった。主人公二人の掛け合いで何とかギリギリ保っている感じ。

    味園ユニバース 映
    72点
    渋谷すばるの目付きがちゃんとジャニーズの枠を超えていて良かった。もっとヤクザ要素入ってきても良かった。

    ターミネーター:新起動 ジェニシス 映
    65点
    途中から話についていけなかった。ターミネーターはロボットとかシュワちゃんとか未来戦争とかの要素が多くてタイムトラベラーものという認識が甘かったが本作はそこにポイントを置きたかった映画なのだろうか?

    人生スイッチ 映
    86点
    短編集仕立てのアルゼンチン映画。面白い!ブラックです。後味がいいかと言われると悩むけど痛快なブラックジョークをみんなすごい眼力でやりきってます。

    ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション 映
    79点
    面白い、確かに面白い。もう5作目にもなると人同士の関係や前同じような展開なかったかなあとか(多分他のトムクルーズ映画も混ざってきて)既視感あって、本当のドキドキが感じられなかった。これを中1ぐらいでトムクルーズを知らずに見たい。途中話がわからなくなるとその都度説明的なセリフが入ってたのでついていけた。トムクルーズ印ハズレないのは続く。

    進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 映
    59点
    巨人を見せるための映画というのは分かってはいるけどどうにも人間ドラマが楽しめなかった。話がなかなか進まなくてラストで一気にスピードと興奮が高まったがあまりにも遅く後編へのつなぎにしか思えなかった。二本にする意味があるのか、

    ジェラシックワールド 映
    80点
    ストーリーはいつも通りの展開だけど、このアトラクションを見に観光客が溢れているのに説得力があり映画と遊園地的な楽しみはもともと相性が良いんだな思った。ディズニーランドよりもユニバーサルスタジオがワクワクするのは映画が好きだからか。映像技術がちゃんと恐竜を動かすという目的に使われていてそれは正しいことだと思えるし、それがこの映画の全て。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    ジバコレ
    ジバコレ (JUGEMレビュー »)
    デハラ ユキノリ
    地場産業フィギュアコレクション
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM